iPhoneは大丈夫で、ケーブルがダメになっている

iPhoneは大丈夫で、ケーブルがダメになっている 充電ができない、電源が入らないiPhoneが壊れたそんな経験ありませんか?電源関係のトラブルの際にiPhoneが壊れてしまったと判断するのは早いです。
なぜならば、本体には問題はなくケーブルの方に問題があることが少なくないからです。
ケーブルがダメになってしまう原因は大半が断線によるものです。
主に抜き差しするときの負荷によって起きるものなので防ぐことは難しいですが、充電しながらiPhoneを使うのをやめるなどかかる負荷を弱めれば寿命を延ばすことは可能です。
ですが、便利に使うためには実行するのは中々難しいものなので壊れるものと割り切って使うのが良いと思います。
その代わりにケーブルはアップル社の純正の物や家電量販店で手に入る物、どちらにも保証機関の差はあれど期間内であれば無償交換が出来ます。
とくに線の外側の被膜が剝がれ中身が見えている場合は危険なので、すぐに使用を辞めて新しいものに交換するようにした方が良いです。
しかし断線が酷すぎてちぎれかけているなど、あまりに破損が激しい場合は有償になってしまうので注意が必要です。

充電しながらのiPhone使用はケーブル断線の元

充電しながらのiPhone使用はケーブル断線の元 iPhoneを長く使っているとトラブルや不具合が出てしまうこともありますが、多いトラブルのひとつにケーブルの断線があげられます。
本体の故障ではないものの、ケーブルが壊れてしまうと充電が切れてしまったときにすぐに対応することができなくなってしまいます。
これはiPhoneを充電しながら使ってしまうことが大きな原因となりますので充電中の使用には注意が必要です。
ケーブルの根元の部分には特に力が加わりやすく、繰り返し使用することで断線しやすくなってしまいますので、充電中はできるだけ触らず、使用する場合もケーブルから抜いてから使うことが大切です。
保証期間内であれば無償で交換してもらうこともできますので、壊れてしまった場合もすぐに捨てずに手元に置いておきましょう。
保証期間が過ぎてしまった場合は新しいものに買い替えることとなります。
そして充電しながら使っていないという人もケーブルを強く引っ張ってしまうことも断線につながりますのでこちらも注意したいところです。